coteau(春日井市)


a0278306_1305846.jpg春日井市の見晴らしのいいマンションを購入された4人家族のO様。
普段からスッキリと暮らせるように、玄関には靴だけでなく上着もかけられるような土間収納を設置し、リビングの横には家族全員分の衣類や荷物が収納できて着替えもできるような大容量のウォークインクローゼットを作ります。
家事動線を良くしながら、自然素材や好きな色を詰め込んだこだわりのリノベーションです。


■■物件データ■■
所在地:春日井市、種別:マンション、専有面積:95.49平米、建築年:1999年
Before
リノベーション工事着工前の現場の様子
a0278306_1325796.jpga0278306_1331376.jpga0278306_1332266.jpg



2017/03/25
a0278306_1345682.jpga0278306_1351265.jpg(左)解体中①玄関からリビングまでの廊下です。部屋の感じは残っています。
(右)解体中②ユニットバスを撤去しました。元々どこにお風呂があったか、写真を見る限りではわからないですね。




2017/04/01
a0278306_18122746.jpga0278306_18123923.jpg(左)ユニットバスの設置が終わりました。外からユニットバスを見ることはほとんどないので、新鮮な風景です。
(右)玄関、土間収納の左官工事です。スッキリ暮らす為の収納がここに造られるですね。




2017/04/08
a0278306_18305841.jpga0278306_18311460.jpg(左)キッチンは対面ですが丸見えではなく、壁の窓からリビングを眺めることができるようにします。調理の匂いがリビングにいき難かったり、リビングをスッキリ見せたりできますね。
(右)防音マットを敷きました。この上から無垢フローリングを貼っていきますが、遮音効果があるので、下階に響きにくくなります。




2017/04/15
a0278306_189815.jpga0278306_1891926.jpg(左)リビングとウォークインクローゼットの間のFIX窓の枠が完成しました。ガラスのはめ込みはまだ先、塗装などが終わった最後の方になります。
(右)その裏側です。ハンガーが沢山掛けやすいよう、上下2段に設置してあります。お客様の生活のことを聞きながら設計するので適材適所が分かるんですね。




2017/04/15
a0278306_14335183.jpga0278306_14335932.jpg(左)窓の形に合わせて、新しく素地の木枠を取り付けています。全体の雰囲気に合わせ、塗装をしますので、インテリアが統一されていきます。(右)角度が微妙なので、大工さんが苦労していました。





[PR]
# by anestone | 2017-04-26 09:07 | マンションリノベーション | Comments(0)
Chez les Tortues

a0278306_17384819.jpg閑静な住宅街に佇む木造二階建てのリノベーションです。お子様も巣立ち、ご夫婦で悠々自適に暮らせる家づくりをします。
1階のLDKには、家族同然の亀たちと一緒に過ごすためにインナーテラスを配置。水槽の掃除なども考慮して床はタイル貼り、水場と排水口を計画し、タイトルにもなっている「亀たちの住まい」にも配慮しています。LDKはゆとりがある一体空間ながらも、使う素材や、床の高さを替えることでそれぞれの部屋に表情を持ちます。書物をたくさんお持ちのU様ご夫婦、2階はお互いの書斎を書庫で繋ぐ間取りで心地よい空間に。ダイニングキッチンの床には天然石を、インナーテラスの間仕切りなどにはステンドグラス、ミーレの洗濯機と食洗機を採用するなど、デザインも機能性にもこだわりました。都会的な印象を大切に、上質で落ち着いた空間をつくり上げていきます。

■■物件データ■■
所在地:名古屋市名東区 種別:木造戸建 延床面積:145.0㎡ 建築年:2003年

Before
リノベーション工事着工前の現場の様子
a0278306_17413481.jpga0278306_17414149.jpga0278306_17415073.jpg



2017/02/27-03/01
a0278306_17451593.jpga0278306_17464731.jpg(左)解体当日、ダイニングキッチンがガランとしています。(右)キッチン側からリビングダイニングを見ています。キッチンも壁も取り払われました。




2017/03/04
a0278306_11274915.jpga0278306_11282045.jpg(左)1階の床が一部なくなりました、ここからどう変わっていくのかが非常に楽しみです。(右)同じく1階部分です。必要な部分を残し、天井も部分的に撤去しています。





2017/03/10
a0278306_18554745.jpga0278306_18555933.jpg(左)造作が始まりました。窓を小さくした場所には窓枠をしっかり支ええる造作が必要になります。(右)室内の造作です。既存を生かして新しい壁を作っていきます。




2017/03/13
a0278306_14205610.jpga0278306_1421818.jpg(左)床の下地が組まれています。手前側は合板を張ってあり、床下地が完成。(右)こちらは、段差ができている状態の床下地完成。なぜ段差ができているかは進んでいくうちに分かってくるはずです。




2017/03/21
a0278306_1135014.jpga0278306_11452125.jpg(左)既設の床に床暖パネルが貼られました。施工期間も短縮できて薄い製品なので、床の高さも少し変わるだけ。ヒートポンプでムラなく床も部屋も温めます。(右)先日の下地の上に、FRP二層仕上げの防水工事が終わりました。この続きも気になります。




2017/03/24
a0278306_1931656.jpga0278306_19112085.jpg(左)ユニットバス施工されました。扉と柱の位置に結構差があるものなんです。(右)造作工事も着実に進んでいます。壁の下地組みができてきました。




2017/03/31
a0278306_15284661.jpga0278306_15281525.jpg(左)外部塗装用の足場を組みました。幅は細いし、不安定です。(右)飛散防止、職人さんを守るこのネットは外から見るより意外に透けています。




2017/04/04
a0278306_15291892.jpga0278306_15293166.jpg(左)1室だけ和室となる部屋の床組を行っています、この上に畳が敷かれます。写真右上の小さな機械は、水平を図るレーザーです。(右)外壁の補修を行っています、高い所での作業に見えて、実は1階。




2017/04/10
a0278306_1530772.jpga0278306_15303949.jpg(左)2階、洗面所の壁面にニッチを造作しています ここには鏡が納まります。(右)天井の羽目板が進み、建具用のアルミレールを埋め込んでいます。




2017/04/14

a0278306_13483026.jpga0278306_13483645.jpg(左)吊戸用の枠が取付けられました。(右)壁面に飾棚のスペースを造作しました。






[PR]
# by anestone | 2017-04-25 13:56 | 戸建てリノベーション | Comments(0)
Posti(長久手市)

a0278306_1647385.jpga0278306_16552078.jpg

地下鉄東山線、藤が丘駅から徒歩圏内のマンションリノベーション。家族の集うLDKはコンパクトながらも連続する小上がりスペースもあり、色々な居場所をつくるように計画しています。カーペット敷きの小上がりは、天井髙をぐっと低く抑え、壁面には造作の本棚を設置。ゴロゴロしながら、子供たちは絵本を読んだり、昼寝の時間にも使える、居心地の良い場所に。
またご主人が熱望した書斎は北側の土間スペースと隣接。趣味のプラモデルや、自転車、DIYなど思う存分楽しめるようになりそうです。キッチン、食器棚、カウンター収納、TV台他、全てがオリジナルです。素材と色を合わせることで、落ち着く空間につくりあげていきます。


■■物件データ■■
所在地:長久手市、種別:マンション、専有面積:74.40平米、建築年:1994年
Before
リノベーション工事着工前の現場の様子
a0278306_16594563.jpga0278306_16595796.jpga0278306_170994.jpg





2017/02/20-21
a0278306_16564332.jpga0278306_16565629.jpg(左)解体が始まりました。(右)一日でまるで違う空間のようになります。広々しましたね。





2017/02/23
a0278306_18131317.jpga0278306_18132521.jpg(左)配管作業を行っています。分かりやすい色分け、給水(ブルー)と給湯(ピンク)
(右)共用部分から分岐した部分は新しくやり替えています。




2017/02/25
a0278306_1754578.jpga0278306_17551040.jpg(左)間仕切り壁を立ち上げています。こうなると、部屋の雰囲気が出てきます。(右)今日は職人さんが多いなぁと思ったら、職人さんの後ろにいるのはチーム設計でした。現場に足を運ぶと色んなことが見えてきます。





2017/03/01-02
a0278306_14481528.jpga0278306_14483977.jpg(左)こちらは床のフローリング張りです。フローリングのサイズは様々ですが、幅90mm、長さ1820mmとした場合、部屋が長方形であれば、短い方(短手:みじかて)にフローリングの幅がきて、長い方(長手:ながて)に長さがきます。(他の部屋との兼ね合いで変わることもありますが。)
(右)職人さんが背中を丸めて造作扉の枠の加工をしています。レールを埋める溝を機械で掘っています。




2017/03/07
a0278306_18235325.jpga0278306_1824588.jpg(左)リビングのフローリング張りです。この緑色(プラスチック)は「スペーサー」と呼びます。フローリングの隙間を均一にする為です。天井に木を張ると、時々このスペーサーが自然に落ちてきます。
(右)電気屋さんが配線中です。電気はあらかじめ仕込んでおかなくてはいけないので、電気の位置をあらかじめきちんと打合せすることは大切です。





2017/03/14
a0278306_12303539.jpga0278306_12304985.jpg(左)ユニットバスの施工が始まりました、ってどこ?という感じですが今職人さんがユニットバスの床の下を作り始めているのです。ここから壁を立ち上げていきます。
(右)リビング天井にボードを貼り始めました。コードや換気扇の筒が天井裏を這っているのはこれで見えなくなります。なかなか天井裏を見る機会ってないですよね。





2017/03/17
a0278306_19445137.jpga0278306_19443787.jpg(左)造作家具を作りました。(右)壁にしっかり固定をしていきます。





2017/03/24-04/01
a0278306_19524312.jpga0278306_1953053.jpg(左)室内が出来上がってきました。下地の板を貼ると急に部屋の感じが出てきますね。(右)こちらでは、タイルを貼り始めています。平行とタイルのバランスと気を使います。





2017/04/03-04/07
a0278306_1547320.jpga0278306_15471679.jpg(左)リビングのカウンター収納のタイルが進みました。手作りのようなボコボコとした風合いに独特のつや感が雰囲気を作りだしますね。(右)一方、対面キッチンの腰壁と横の壁には、さわやかなグリーン系のモザイクタイルを貼りました。絶妙な色の入り具合が面白いタイルです。





2017/04/18
a0278306_191933.jpga0278306_192453.jpg(左)オリジナルの食器棚です。節や木目が自然な風合いを醸し出していますね。(右)モニュメントという名の輸入ガラスがはめ込まれた木製のリビングドアが取り付けられました。左側の小窓はキッチンに立ちながら、お子さんの様子を眺めたり、声をかけられるように作りました。





[PR]
# by anestone | 2017-04-21 19:02 | マンションリノベーション | Comments(0)
analog(名古屋市郊外)

a0278306_15543031.jpg名古屋市郊外の戸建てのリノベーションです。1FのLDKを中心としたリノベーションは、全体的にあまり作りこみすぎないラフな感じで、タイトルにもなったアナログ感を大切に、暮らしのなかで味わいが深くなるような空間を目指します。
LDの天井にはカバザクラの羽目板を使用。オークの無垢フローリングなども着色はせず、それぞれの素材が持つ自然な風合いを生かします。また今回一番のこだわりともいえるオーダーキッチンの天板には、モルタルのようなテクスチャで水廻りなどにも使いやすい”モールテックス”の"ホワイト色"を採用。オークの無垢框扉と素朴な風合いの異形タイルとの組み合わせるななど、今から完成が愉しみなY様オリジナルのキッチンです。

■■物件データ■■
所在地:名古屋市郊外 種別:木造戸建 延床面積:113.85㎡ 建築年:1992年

Before
リノベーション工事着工前の現場の様子
a0278306_15552249.jpga0278306_15553424.jpga0278306_15554412.jpg





2017/04/05
a0278306_15564320.jpga0278306_15571615.jpg
(左)白いリビングダイニングの解体作業後です。耐震上取れない壁は残っています。(右)左手前はキッチンがありました。湯と水の配管だけが残って、他はキレイに撤去されました。




2017/04/18
a0278306_1811283.jpga0278306_18113217.jpg
(左)既設の梁補強のために部分的に天井の解体を行っています(右)無垢のフローリングや羽目板が納入されました。






[PR]
# by anestone | 2017-04-20 18:12 | 戸建てリノベーション | Comments(0)
muoto(日進市)

a0278306_18131774.jpg
自然の残る日進市の住宅街に、新築の計画を決められたO様。名古屋からのアクセス、ご実家も近いという利便性も決め手になったようです。ご夫婦2人とまだ小さなお子様2人の4人家族が暮らすのに、ちょうどいい暮らしを考えて延床105㎡(約32坪)の住まいとなりました。
1階はLDKにワークスペースを設けて、キッチンから続く使い勝手のいいパントリー、そこから洗面台への動線も通し、回遊性のある間取りにしました。さらに外部へアクセスできる納戸を用意。2階は各個室とWCL、ご主人の書斎と、プライベートな空間を大切に考えました。いつも家族が集うLDKは、南側に天井まである大きな木製の掃き出し窓をつくり、外部やお庭とのつながりを生み出し居心地のよい空間になります。
奥様が長く過ごすキッチンは、こだわりを詰め込んだオリジナルキッチンを採用。天板には質感のいいモールテックス、扉は他の建具と素材を合わせた素材を使うことで空間に馴染みながら、そこで料理をする家族が生き生きする風景を考えて設計しています。
建物は5寸勾配の三角屋根に、一部黒く塗装した木を外壁の仕上げとしました。外部と内部、そしてO様の人となりがリンクするような、優しい佇まいの家をつくっていきます。


■■物件データ■■
敷地面積:135.66㎡、建築面積:61.21㎡、延床面積:105.32㎡ 構造・規模:木造2階建

2016/12/17-19
a0278306_18125536.jpga0278306_18204989.jpg(左)地鎮祭が行われました。
(右)境界のブロック基礎を作っています。




2016/12/20-22
a0278306_1865433.jpga0278306_1871194.jpg(左)整地作業をしていきます。
(右)基礎遣り方です、これから建てる建物の位置を正確に出す為、非常に大切な工程です。




2016/12/26
a0278306_16585850.jpga0278306_16593865.jpg(左)大切な基礎の配筋を行っています。(右)ベタ基礎のコンクリート打設です。コンクリートは生き物、天候や温度など気を使います。




2017/01/21-24
a0278306_17483852.jpga0278306_1748597.jpg(左)年が明けて、床下配管を行いました。事前の位置確認が大切です。(右)土台伏せを行っています。さあいよいよ建て方がやってきます。




2017/01/27
a0278306_1719121.jpga0278306_17191394.jpg(左)本日、上棟です!(右)上棟、建て方(たてかた)、建前(たてまえ)、棟上げ(むねあげ)など言い方は様々ですが、家の大切な柱を建て、梁でつなぎ家のおおもとができる大切な日です。この日は大工さんもテンション上がる日です。その日のうちに屋根伏せまでします。




2017/02/01-02
a0278306_1857743.jpga0278306_18571740.jpg(左)上棟が終わったら、足場組をしてメッシュシートで家を覆います。突風などで物がお隣へ飛んだりしなように、また防音の役割もあります。職人さんの安全確保ももちろんです!(右)こちらはシロアリ防除の薬剤です。1mの高さまで防蟻剤を塗りました。見えないところだからこそ、しっかりと。




2017/02/03
a0278306_1031432.jpga0278306_10321659.jpg(左)ベランダ防水下地です。構造用合板12mmを張り、この上にケイカル板12mmを張ります。(右)大工さん作業中、サッシの取り付けです。複層ガラスは重いので設置も気を使います。




2017/02/06-08
a0278306_18292082.jpga0278306_18293298.jpg(左)1階部分の下屋(小屋根)の屋根を葺いています。瓦棒葺きで収めます。(右)ベランダのFRP防水の最中。黄色いは1層目の下塗りで、灰色のが仕上げになります。2層塗りにすることで防水層も厚く強くなります。




2017/02/11
a0278306_11464588.jpga0278306_1147650.jpg(左)ファイヤーストップ!!です。そのままの意味で、火事になった時に隣家に火が回らないようにする為の工事です。(右)サッシを取り付けている写真と同じ場所辺りを撮影。何が違っているでしょうか。答えは天井に下地(野縁)が組まれた所です。




2017/02/20
a0278306_18333762.jpga0278306_18334814.jpg(左)さて何の写真かというと、配管です。床から飛び出ている短い棒のようなものです。(右)こちらも断熱材か、床を撮っているのかとおもいきや、配管です。横から出る配管、下から出る配管。こちらは湯と水で色分けされているのがわかります。





2017/02/24
a0278306_18383552.jpga0278306_1838529.jpg(左)2階の造作収納を作っています。お客様との打ち合わせでどんな暮らし方をしているのかを伺うので、適切な場所に収納ができます。(右)階段の造作をしています、このギザギザが階段になります。





2017/02/28
a0278306_15553755.jpga0278306_15555296.jpg(左)木製のサッシを取り付けました。近年、日本では金属と樹脂の複合サッシが主流ですが、気密性、断熱性など様々な面で木製サッシの方が優れています。外からも中からも木の雰囲気がいいですね。(右)ユニットバスの組立をします。






2017/03/02-03
a0278306_1833765.jpga0278306_18452139.jpg
(左)リビングのフローリングを貼り出しました。木目を見ながら貼り進めます。無垢フローリングは呼吸をするので、寒いこの時期は縮んでいます。人と一緒ですね。(右)リビングの木製建具、閉めるとこんな感じになります。この色がいいアクセントになりそうです。





2017/03/15
a0278306_12402386.jpga0278306_12403569.jpg
(左)リビング天井の仕上げ、木貼りです。すっきりとした感じですが、この写真、迫力がありますね。(右)玄関の壁も木で仕上げます。早く足場を外したところを見たい衝動に駆られます。





2017/03/21
a0278306_19373100.jpga0278306_19373346.jpg(左)タイルの施工が始まりました。割付を考えて貼っていきます。(右)約3時間後の図です。進捗状況がよくわかる2枚です。仕上げ面が見えると、完成のカタチが見えてきて嬉しいですね。





2017/03/24-25
a0278306_18502796.jpga0278306_18504464.jpg(左)キッチンの床タイルを施工しています。(右)こちらはトイレの床のタイル、完成の雰囲気がとても楽しみです。





2017/03/28
a0278306_1850591.jpga0278306_18511276.jpg(左)両方の壁に漆喰を施工しています。正面はクロスです、その理由はまた後で見えてきます。(右)リビングの天井に照明用の穴が空きました。灯りがついた感じ早くみたいです。





2017/03/31
a0278306_18512497.jpga0278306_18513633.jpg(左)リビング壁は一部を除いて漆喰。広い面に塗られると白さが美しいです。(右)そしてこちらはキッチンの背面に来る漆喰壁。色がついています。アクセントですね。





2017/04/01
a0278306_18353868.jpga0278306_18355619.jpg(左)洗面台です、この上に洗面ボウルが乗ります。水色の扉と丸くて白いタイルがかわいいですね。朝、さわやかな気持ちになれそうです。(右)足場が取れて、外観のお目見えです。黒い木の外壁と木製サッシが印象的です。





2017/04/11-15
a0278306_1057892.jpga0278306_105722100.jpg(左)キッチンのモールテックスを施工しています。モルタルのようなこの素材、薄くても強度があり、現場施工なので形状の自由度が高いんです。誰でも施工できるわけではなく、分量がとても細かく決められていて、専門の職人さんによってつくられていきます。(右)家の顔である、玄関扉が取り付けられました。完成が近づいているのが分かります。








[PR]
# by anestone | 2017-04-19 11:07 | 新築戸建 | Comments(0)
Appetite(名古屋市瑞穂区マンション)

a0278306_17153470.jpg
閑静な住宅街にある築37年のマンションリノベーション。
職業柄、生活スタイルが昼夜逆のご主人と小さなお子様の子育てと
仕事を両立されている奥様。そんなご家族だからこそ、
休日に家族みんなで過ごせる時間を大切にしたいというご要望の中、
家族みんなで料理をして食事を楽しむプランを考えました。

料理のメインステージとなるキッチンは家族で料理してもストレスのないW2700×D755と大きめサイズで
フルオーダーで製作。天板・扉・機器などの選定にもこだわりました。
見せる収納と、隠す収納をそれぞれ設けてキッチンまわりはいつもきれいな状態に保てます。

無垢の床や漆喰、タイルといった自然の素材を中心に選定した気持ちのいい空間で
料理をつくり、食べ、ゆったりとすごせるおおらかな暮らしをつくっていきます。



■■物件データ■■
所在地:名古屋市瑞穂区、種別:マンション、専有面積:94.39平米、建築年:1979年
Before
リノベーション工事着工前の現場の様子
a0278306_1717596.jpga0278306_17181450.jpga0278306_17183087.jpg



2016/10/31-11/04
a0278306_104893.jpga0278306_1042113.jpg(左)解体工事が始まりました。お風呂を撤去したところです。配管状況もしっかりチェック。
(右)こちらはキッチンのレンジフードを外した穴です。
四角い穴に丸い配管をどうつなげるか・・・。



2016/11/07-11/10
a0278306_18243093.jpga0278306_18252187.jpg(左)解体は6日間で終了。スケルトンから、いよいよリノベーションのスタートです!
(右)大工さんと墨出しを行いました。図面をもとに、実際の床へ間取りの線を引いていきます。



2016/11/15
a0278306_10435269.jpga0278306_10441420.jpg(左)フローリングのベースとなる床を組みました。高さを水平調整することで、フローリングの仕上がりもキレイになります。
(右)ユニットバスと電気温水器を設置しました。計画通りピッタリ納めることができました。



2016/11/25
a0278306_94592.jpga0278306_9474272.jpg
(左)キッチンの出窓を解体すると下は配管スペースになっています。壁に下地を造作中です。
(右)大工さんが加工して、窓の木枠を新しく取り付けしています。壁や天井の下地も進んでいます。



2016/11/29-30
a0278306_1803339.jpga0278306_180526.jpg
(左)電気配線を行いました。スイッチやインターホンを計画位置に移動します。
(右)大工さんの工事も着々と進んでいます。この後は、石膏ボードを壁や天井に貼っていきます。



2016/12/05-08
a0278306_1835078.jpga0278306_184469.jpg
(左)石膏ボードを貼り進めています。お部屋の形が見えてきましたね。
(右)こちらはマンションの天井です。今回は、この荒々しさを活かし、白く塗装することで表情を作っていきます。



2016/12/12-15
a0278306_1721234.jpga0278306_17224281.jpg
(左)塗装作業を始めました。床はしっかり養生して、天井を指定の色番で塗っていきます。
(右)狭いところに潜っての作業、ごくろうさまです。時には床下だって、屋根裏だって、狭い所も高い所だって!職人さんは本当に凄い!



2016/12/19-21
a0278306_18559.jpga0278306_1852819.jpg
(左)オーダーキッチンを取り付けました。信頼のブランド。ゲルマン魂です。
(右)漆喰塗りの準備をします。こちらはスペインからやってきました。



2016/12/24-27
a0278306_11161614.jpga0278306_11162896.jpg
(左)キッチンタイルを貼っています。1枚1枚表情の異なるタイルが壁の表情を豊かにします。
(右)漆喰を塗り始めました。今回はフラットに仕上げます。気迫あふれる背中のTさん。



2017/01/06-10
a0278306_17471183.jpga0278306_17472467.jpg
(左)トイレの手洗いが完成しました。丸いボウルにアンティークな水栓がよく似合います。
(右)電気屋さんの工具箱にはドリルがいっぱい。どんな要望にも応えてきた証しです。



2017/01/13-16
a0278306_198156.jpga0278306_1993442.jpg
(左)クリーニングを行いました。改めてオーダーキッチンの美しさにほれぼれです。
(右)社内検査を行いました。今後のデザインに生かすため、質問が飛び交います。



2017/01/21
a0278306_12133411.jpga0278306_12134983.jpg
(左)F様邸、お引渡しを迎えました。専門のスタッフから、キッチンの上手な使い方をご説明しています。
(右)広めのオーダーキッチンで家族みんなでお料理する姿、浮かんできますね。大型の天板と配置はリノベならではです。光がタイルに当たった感じも時間によってキッチンの表情を変えてくれそうで素敵です。

F様ありがとうございました。家族でゆったりと寛ぐ時間をたくさん、つくって行ってくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
# by anestone | 2017-02-03 12:27 | マンションリノベーション | Comments(0)


アネストワンのリノベーション現場ごとに記録しています。リノベーションのプロセスをご覧いただけます。
by アネストワン
カテゴリ
全体
戸建てリノベーション
マンションリノベーション
新築戸建
店舗
その他
未分類
最新の記事
coteau(春日井市)
at 2017-04-26 09:07
Chez les Tortues
at 2017-04-25 13:56
Posti(長久手市)
at 2017-04-21 19:02
analog(名古屋市郊外)
at 2017-04-20 18:12
muoto(日進市)
at 2017-04-19 11:07
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧